FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

怪物ホーマン 『女のプライド』
ねえねえ、なんか気が付かない?
ほらほら、なんかいつもと違うでしょう?
え? 前髪切ったかって? 切ってない!
え? 口紅の色変えたかって? 変えてない!
このブログだよ! 読みやすくなったと思わない?

読者さんから 文字が小さくて読みにくいって ご指摘があったのです。
確かにねって思ってね。

プログラムをいじって、文字を大きくして 文字の色をちょっと濃くしてみました!

え? よく分かんない?
じゃあサイドバーの文字の大きさと比べてみてよ。
ね? 違うでしょう?

鍵コメBさん ありがとう!
あたしも ブログ書くの 楽になったわ ^^

ホントだ、読みやすい! 楽だ! って思ってるシニアさんはたくさんいると信じてる
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


昨日 更新をお休みしちゃたのは、そんなこんなでバタバタしてたら、
間違えて せっかく書いた記事を消しちゃったからなのでした~ (^^ゞ


                    ☆     ☆


国民の最近の噂話は もっぱらホーマンのこと。

「 今年はまだ現れないようだが 」
「 猛暑のせいだろうか 」
「 女王もお歳、さすがにホーマンのお眼鏡にかなうほどの美貌はもうないということか 」 


ホーマン 1

その通り、女王の美しさは 歳を重ねても 失われることはありませんでした。

その証拠に、


ホーマン 2

やはり今年も現れた 美女ばかり狙ってさらっていくという 怪物ホーマン。

女王 危うし!

と、そこに、


ホーマン 3

そうはさせじと 颯爽と飛び出してきた 弟君の姿が!


ホーマン 4

姉である女王を 安全な場所まで避難させ、

弟君は 堂々とホーマンに対峙します。


ホーマン 5

国内を戦場とするわけにはいかない。
弟君は 血を一滴も流さずに この窮地を治める覚悟のようです。


ホーマン 6

言葉巧みに ホーマンを国境の外へと誘導する弟君。

作戦は成功と、国民は 弟君の知略に感激し、褒め称えました。

が、しかし!



ホーマン 7

ホーマン 8

その光景を 『 弟君が ホーマンに連れ去られた 』 ように見えたのか、

女王が その後を追ってしまったのです。


姉を案じる弟、
弟を案じる姉、

そんな美しい姉弟愛も、狡猾なホーマンには ただの女王を捕まえるための
絶好の機会でしかありませんでした。


ホーマン 9

哀れ、女王は ホーマンに連れ去らわれてしまったのでした。

今回の教訓、

口は災いの元。


ホーマン 10

調子に乗り過ぎたね。




にほんブログ村
 ↑ 女王のお耳が達者でなにより って 押してね♪


スポンサーサイト
怪物ホーマン | 00:00:11 | コメント(6)
怪物ホーマン 『鏡よ鏡よ鏡さん』
お父ちゃん、この夏4回目の夏休みです。
でも 車もないので どこにも行けず、なんの役にも立ちません。
まあ、新しい車は 今週末に納車なので、アッシー君として しっかり働いてもらおうと思う
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。

( 『 アッシー君 』 が分からないヤングのみんなは、お母さんに聞いてみようね ^^ )


                    ☆     ☆


「 大変だーっ! ホーマンが出たぞーっ! 」

その危急を知らせる声は、瞬く間に 女王のいる王宮まで届きました。


現役 1

美女さらいの醜い怪物、ホーマン。

毎年 夏になると、パンイチ姿で 絶世の美女、ひなた女王をさらっていく 憎きホーマン。

今にも その醜い姿を現すかと思われましたが ・・・


現役 2

実はその頃、女王の弟君が、ホーマンの元へと 先回りしていたのです。


現役 3

ホーマンは美女ばかりを狙う怪物。

そのクオリティを見極める目は確か。

白雪姫の物語に出てくる 魔法の鏡さながらに、真の美しさを知る生き物なのです。

つまり、ホーマンにさらわれないということは ・・・


現役 4

つまり、ホーマンにさらわれるということは ・・・


現役 5

女王、残念っ!


現役 6

納得のいかない女王は、自らホーマンの元へ向かい、
美女の名目を守ったのでありました。

めでたし めでたし。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ ホーマンは美のバロメーターなんで 押してね♪


怪物ホーマン | 00:00:07 | コメント(3)
骨抜きホーマン
昔 ( コテツ・武吉時代 ) の犬友達に会いました。
ダックスちゃん2頭を連れてました。
ウチのふたりに 激吠えしてました。
ひなっちも平次も キョトン。
そのリアクションに、ダックスちゃん達も吠えるのを止め、おずおずと近寄ってきました。
犬友達、
「 この子等がこんなだから お友達も出来なくって。 みんな逃げちゃって。
 こんなに近寄れたの、初めてだよ! 」
そのうち、ダックスちゃんのひとりは 平次のお尻の匂いを嗅ぎ、もうひとりは
平次のおちんちんを舐め始めました。
犬友達、
「 すごい! こんなことしたの初めてだ! 写メ撮っていい? 家族に見せたい! 」
なんか ・・・ それって いつものウチのセリフなんですけど ^_^;
「 こんな子達を受け入れてくれて ありがとうね! ふたりとも なんていいこなんだろう! 」
違和感アリアリで 居心地が悪かった お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


その武勇は、すでに近隣諸国に知れ渡っておりました。

「 ひなた女王の弟君が、あの悪の大魔王、ブラックシーバーと戦い、手傷を負いながらも
 これを撃退し、女王を守りきった 」 と。

人々の賛美の声は、野を越え山を越え ・・・
怪物ホーマンの耳にも入ったのやもしれません。

美女さらいの 醜い怪物、ホーマン。
詳しくは サイドバーのカテゴリーに、これまでの数々の戦いの歴史が記されているので
そちらを見ていただくとして、

もう とうに冬眠から覚めているでありましょうに、ホーマンは王国に姿を見せなかったのです。

「 弟君の武勇に 臆したか ホーマン! 」
人々は みな そう思っておりました。

当の弟君ですら、


骨抜き 1

白目を剥きながら 安心しきっていたのです。


しかし ・・・


とうとう ホーマンの食指が動いてしまいました。

「 ホーマンだ! 」
「 ホーマンが出たぞー! 」

武勇だけでなく、知略にも長けた弟君は、


骨抜き 2

自ら 女王に化け、ホーマンに捕まったふりをして、


骨抜き 3

まんまと ホーマンの巣穴に潜入したのです。
ここで一気にカタをつける算段なのでしょう。


その頃、姉である女王は、お昼のサンドイッチを楽しんでおりました。


骨抜き 4

いつもなら 弟君の安否を気遣う女王でありましたが、此度は違うようです。


骨抜き 5

そう、女王は 大魔王・ブラックシーバーと弟君の対決を その目で見ていた 生き証人。
弟の勝利を信じきっていたのです。


さて、どれほどの時が経ったでしょう。
ホーマンの手に落ちたかに見えた弟君は、


骨抜き 6

ひらりと身をひるがえし、ホーマンに挑んでいったのでした ・・・



「 弟君だ! 」
「 弟君が戻られた! 」

人々の喝采の浴びながら、女王の元へ向かう弟君の姿が そこにはありました。


骨抜き 7

女王も ねぎらいの言葉をかけます。


骨抜き 8

本当に ご立派になられて ・・・

弟君が女王に 戦利品として献上した これは もしや!


骨抜き 9

きっと 王国の宝となることでありましょう。

と、

そこにあるはずの女王の姿が 忽然と!

なんと女王は、弟君が勝利に浮かれている間に、


骨抜き 10

まんまと ホーマンの餌食になっていたのでありました。

めでたし めでたし。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ サメのだねって 押してね♪


怪物ホーマン | 00:11:39 | コメント(2)
お盆特別企画・ホーマン 『伝説の勇者達』
あたしは 自分の髪は自分で切ってるんですが、どうしても切れないのが 後ろの髪。
1度 切ってみたんですけどね、まー大変! もーやだ!
で、しばらく伸ばしっぱなしにしてたんですが、とうとう収拾がつかなくなり …
お父ちゃんに切ってもらいました♪
「 やだよ、出来ねーよ、直線になっちゃうよ? パッツンだよ? 」
と嫌がる お父ちゃんを
「 大丈夫 大丈夫、髪の毛だもん、すぐ伸びるから^^ 」
と なだめすかし、ジョキジョキ 切ってもらいました^^
なんだか 介護されてるみたいで嬉しかった お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                     ☆     ☆


ここは 女王が治める、とある王国。

この国には 夏になると、美女さらいの怪物  『 ホーマン 』 が現れ、
国一番の美女である女王が さらわれるという、痛ましい事件が繰り返されておりました。

頃は夏、
国では 対ホーマンの厳戒態勢が敷かれる中、

物見に出た 女王の弟君が目にしたものは、


力 1

女王をさらう準備をしていた 怪物・ホーマン。

弟君は 国に危急を知らせようと、そっと その場を離れようとしましたが、

ふと思い出したのです。

国に伝わる、伝説の勇者達の物語を。

それは 女王の兄達の 壮絶な戦いの物語。


初代・勇者の長兄は、妹である女王を ホーマンから救い出すために、
あらゆる武術を身に付け 戦ったと。

ホーマン 11 勝利


そして 2代目・勇者の小さい兄は、戦いを好まない 物静かな性分であったにも関わらず、
ホーマン相手に 恫喝するほどの気概を見せたという …

初戦 6


そんな 先代の勇者達に比べ、自分は どうだろう。
かつて ホーマンと対峙した時の自分は。

女のふりをして ホーマンを欺いたり、

ホーマン 2


口先だけで ホーマンを翻弄しようとしたり、

交渉 2

あまりに姑息 …


弟君は 心に決めました。

「 先代達に負けない勇者になる! 」 と。

力でホーマンを圧倒すべく、単身 乗り込んで行ったのでありました。


その噂を聞きつけ、喜んだのは、姉である この国の女王。


力 3

ホーマンの首を取って 戻ってくるであろう 弟君を迎えるのに、
白いカーペットを道々に敷くように命じ、


力 4

弟君の凱旋を 今か今かと 心待ちにしておりましたが、


力 5

と、その時!


力 6

ようやく 姿を現した 弟君ではありましたが、


力 7

これはいったい どうしたことでしょう!


力 8

息も絶え絶えの弟君の口から告げられたのは、ホーマン討伐の失敗の報告。

かくなる上は、女王を ホーマンの悪の手から逃すのみ。


力 9

女王は去った。
自分は 女王を守ることが出来た。

薄れゆく意識の中で、弟君は 歴代の勇者達に語りかけました。

「 これでオレも3代目ってことで … 」

・・・・・・・・


それから どのくらいの時が経ったでしょう。


力 10

弟君は ただ気を失っていただけのようでした。

「 姉上は? 姉上は ご無事なのか!? あの後 ちゃんと逃げて … 」

おや?


力 11

さらわれてんの (-_-;)


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ がんばれ弟君! 3代目を名乗れるその日まで! って 押してね♪


怪物ホーマン | 00:11:48 | コメント(9)
ホーマン 『美女の定義』
あじさいの花が咲いてました。
6月ですからね、まあ当たり前なんですけど …
妙に季節はずれな気がしちゃう お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。

梅雨前に 35℃って … おかしいだろ おい (-"-)


                     ☆     ☆


5月も終わろうかという 『 ある日 』 、
国境付近の 『 森の中 』 を巡回していた、この国の女王の弟君が出会ったのは、
美女ばかり狙って さらって行くという 伝説の怪物、ホーマン。

勇敢な弟君は、ホーマンに近寄ります。


14ホーマン 3

本物です!
これは一大事!


14ホーマン 4

弟君は ホーマンの砦から 命からがら逃げ出すと、
美しい姉、この国の女王に 危急を知らせました。

弟君の機転のおかげで、女王は ホーマンの手に掛かる前に
安全な場所に逃げることが出来ました。

女王は言います。


14ホーマン 5

後を託された弟君は、勇敢にも ホーマンの砦へと 単身 向かいます。


14ホーマン 6

さすがに、男女の違いくらい、ホーマンにも分かりそうなものですが、
冬眠明けのせいで、まんまと 弟君を女王と思い込み、


14ホーマン 7

弟君は、女王の身代わりとなって、その毒牙にかかってしまいました。


14ホーマン 8

しかし、なんということでしょう!

遠くに逃げたはずの女王は、弟君のことが心配で、戻って来てしまったのです。


14ホーマン 9

弟は姉のため、
姉は弟のため、
なんという美しい姉弟愛でしょう!


14ホーマン 10

女王は動きませんでした。

自分のために命を懸けてくれた弟を置いて逃げるなど、
この慈悲深い女王には出来なかったのです。

そして、どれほどの時間が過ぎたでしょう、

ホーマンの砦から抜け出してきた弟君が目にしたものは、
自分の帰りを待つ姉の姿!

「 お逃げにならなかったのですか!? 」

しかし、そんな問答をしている時間はありません。
ホーマンが気付いてしまったら、全てが水の泡です。

女王を連れて、ホーマンの手の届かぬ所へ逃げなければ!


14ホーマン 11

もう追手は来ない。
逃げ切れた。
弟君の顔に、ようやく安堵の笑みが浮かびます。


14ホーマン 12

しかし、弟君は この時 まだ気付いていなかったのです。

姉の姿が どこにもないことに。

その時 姉は自らの意志で …


14ホーマン 13

押しかけておりましたとさ。
めでたしめでたし。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ もはや さらわれてないんで 押してね♪


怪物ホーマン | 00:05:30 | コメント(3)
次のページ

FC2Ad