FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

レントゲンに広がる白い影
申し訳ありません。
まだ少し ショックから立ち直れていないので、今日は文章が変かもしれません。
それでも、出来るだけ正確に 分かりやすく書いていこうと思う お母ちゃんこと
のりじです。 こんにちは。


                 ☆     ☆


昨日の午後のことです。

コテツさんの 腎臓病のおしっこ検査、心臓のお薬、腰のサプリメント、
2人の 狂犬病予防接種、フィラリアの検査とお薬をもらいに お医者さんに行ってきました。

お父ちゃんがいてくれるので、お母ちゃんだけ先に コテツさんのおしっこを持って
お医者さんで順番取りです。

いつもの広場で別れたのですが、お母ちゃんがいなくなったと気づいた コテツさんは
その場から動かなくなっちゃったそうです。

お父ちゃんが 「 お母ちゃん 待ってるから行こう 」 と言うと、いつもは止まってばかりの
病院への道を 早歩きで歩いてきました。

病院 追いついた!

病院で待つのが嫌いなお父ちゃんは、そのまま家へ。

待合室でのコテツさんと ひなちゃん。

病院 待合室

診察の前に、先にフィラリアの検査をするということで、まず ひなちゃんが
連れて行かれました。

病院 連れ去られるひなっち


ひなちゃんが戻ってくると、次はコテツさん。

病院 連れ去られるコテツ

2人とも 検査の結果は問題なし。

しばらくして、診察室に呼ばれました。

病院 ひなっち診察

ひなちゃんは、実は アナフィラキシー・ショックを 以前起こしたことがあるので、
狂犬病の予防接種は ワクチンの時 と同様、予約を取って 後日 厳戒態勢でやるものだと
思っていたのですが、狂犬病の注射ででショックを起こすことは あまりないので、
他の日に 午前中に来る事になりました。

歯石が付いていたので、ガリガリ 取ってもらいました。


次は コテツさん。

病院 コテツ診察

腎臓の血液検査も おしっこの濃度検査も、特に変化はなく、現状維持でいいとのこと。

この写真の後、触診する先生の手が 腹部に下がった時、異変が起こりました。

「キャヒンッ!」

いつも我慢強いコテツさんが いきなり泣き叫びます。

先生が おなかを押す度に 「 キャヒンッ! 」。

実は 前にも同じことがあったんです。
その時は、待ち時間が長かったので、膀胱がいっぱいになっちゃってるからかと、
急いで おしっこをさせに行って、戻って また触ると 平気になっていました。

でも、昨日は違います。
そんなに待ってなかったんです。
おしっこだって そんなに溜まってるはずないんです。

「 これは尋常じゃないです、レントゲンを撮らせて下さい。 」 と先生。

ひなっちと 待合室で待つこと 数十分。
レントゲン撮るのに こんなに時間 掛かるんだろうか …

今まで誰もいなかった待合室に 患者さんが次々に入ってきます。
その患者さん達が どんどん診察室に呼ばれて行きます。

不安な思いで時計を見ていると、ようやく中に呼ばれました。

そこには 1枚のレントゲン写真が …


病院 レントゲン

胃から大腸にかけて 無数に散らばる白い影。

こんなになるまで どうして気が付かなかったんだろうと 悔しくてたまりません。

いや、気付いていたのかもしれません。 
知らない振りを、見ない振りをしていたのかもしれません。

「 先生 … これ … ! 」







「 はい、全部 石です。 コテツ君、石 食べてるでしょう? 」


( あンの野郎~~~! )



「 地面を舐めてるのは 気付いてましたけど … 」

「 これが 腸壁に当たって、押さえると痛かったんですね。
 石というより 小さい砂利ですね、うんこと一緒に出ちゃいますよ 」



怒りとこっぱずかしさに 顔を真っ赤にして、2人を引きずるようにして家に帰った 
お母ちゃんなのでしたー。




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ お帰りはこちらから! 
                ちょっとドキドキしちゃった人は 押してね♪  


 ☆ グリムス (武吉の木) 観察日誌
     変化なし。 そろそろ 次のお友達 呼ぼうかしら♪
           


スポンサーサイト



未分類 | 11:22:14 | トラックバック(0) | コメント(22)