FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

「いつも」がない夜
みなさま、愛息・弁にゃんへのお悔やみのコメント、たくさん たくさん頂きまして
本当にありがとうございました。
… 犬ブログなのにねえ
… 猫なのにねえ

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、弁にゃんは 生後1カ月頃、カラスに突つかれて
死にかけていたところを保護した子です。
その現場を見ていた人によると、母猫もそばにいたんだそうです。
でも、弁にゃんを置いて逃げちゃった。
あたしは別に、その母猫を責めてないです。
多産の動物って、1番優秀な子を先に守るからね。 種の存続のためにね。
おそらく先天的に脳障害があった弁にゃん、後回しにされて 取り残されちゃったんだろうね。
でも そのおかげで … って言っていいのかな、
弁にゃんには 人間の両親と、犬のお兄ちゃんふたりと、

微妙 4

妹、弟が出来ました。

弁にゃん 1

特に 1番下の弟は、手加減なく遊びに誘ってくるので、
弁にゃんは 「 もう~、しょうがないな~ 」 って感じでしたが、
とてもかわいがっていました。

弁にゃん 2

きっと …
穏やかではなかったもしれないけれど、楽しい生涯だったのではないかと思う
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。

それに …
近所にお友達はいなかったけど、全国に 愛してくれる人がいたしね ^m^


                     ★     ★


今日は お写真がないんだけど、語っちゃっていいかな (^^ゞ

あの日のこと …


あの日 …
夕ごはんを食べて、帰ってきて、倒れてる弁にゃんを見つけて。

呼吸も脈も止まってたけど、
あたしは 死んだと思ってなかったの。

だから 病院に運んだんだよね。

実際、弁にゃんは 『 心肺停止 』 の状態で、
それで先生は 心臓マッサージをしてくれたんだけど …

心電図から先生は、電話を貰った時には まだ心臓は動いてただろうって。

だから …

厳密に言っちゃうと、弁にゃんは あたしの声を聞きながら、あたしの腕の中で逝けたんだね^^


いわゆる 突然死。
きっと苦しんでないと思う。
あたしは 苦しんで死んだ子の顔を知ってるから。
時間と共に 安らかな顔になっていくのを見てるから。

倒れてるのを見つけた時の弁にゃんの顔、ホントにかわいかったんだあ ^m^
ポカーンとした顔で …
きっと 『 気が付いたら天国にいました 』 って感じじゃないかな (笑

うらやましいな。
あたしも そんなふうに逝きたいな。

もちろん、いきなり残された側は、そんなの堪んないけどね ^_^;


いつの頃だったかなあ、
武吉を亡くした時だったかなあ、
コテツさんの時だったかなあ、

あたしね、「 弁にゃんが死んでも、こんなに悲しいかな 」 って思ったことあるんだ。

だってさ、弁にゃん やっぱり猫だからさ、
犬みたいに 四六時中 飼い主にベッタリってわけでもなかったし。
お散歩に連れてくわけでもないし。

ごはんだって なんだって みんな一緒で、
特に 弁にゃんだけのために なにかしてあげるってこともなくて。

なんていうのかな、犬ほど濃密じゃないっての?

でもね、
違ってた。

あったよ、弁にゃんとの濃密な時間。

夜。

弁にゃんが死んじゃった日ね、夜にね、
お風呂からあがって、脱衣所の湿気を追い出すのに 部屋側のドアを開けてね、

いつも ドアの前で あたしを待ってた弁にゃん。
ドアが ゴチーンって当たらないように、ちょっと隙間を開けて、
弁にゃんが後ろに下がる時間差を考えて そーっと開くの。
開ききらないうちに 無理無理 入ってくるんだよね。

でも もう入って来ないんだよね。

いつも バスマットの上に座ってる弁にゃんに話しかけながら
体 拭いたり、化粧水つけたりしてたのに、

なんか 静かで ひとりぼっちで。

ああ、いないんだなあ って。


夜中もね、
あたし いつも、夜中に トイレに行くんだよ。
寝る前 … っつっても 2時とか。 目が覚めて 4時とか。

階段を下りて行くとね、
トタッ … トタッ … って、弁にゃんの不器用な歩く音が聞こえてね、
「 アウ~ 」 って声が聞こえて …
「 弁にゃん、起きてたの~^^ 」 なんて 声掛けて。
暗い中、弁にゃんを蹴っ飛ばさないように、すり足で ゆっくり歩いてね。

トイレに入って ドアを閉めようとすると、白い前足が ニュっと入ってきて、
次に顔で グリグリ押し開けてね、
ちゃっかり入ってきて あたしの足に スリスリするんだ。

トイレから出ても まだスリスリしてるからさ、
しゃがんで、弁にゃんの好きな 口の横を ゴシゴシ擦ってやるの。
「 フルルル … フルルル … 」 って 変な声出してね、
そのうち 「 ジュルッ 」 って よだれをすするんだよ (笑

何時に起きても いつも それ。
かわいくってね~^^

でももう …
それもない。

弁にゃんの足音も 鳴き声もしない 夜のリビングは、ものすごく静かでね。

ちょっと参った。

こんなに大きな存在だったなんてね。

かなり参った。

昼間は まだいいんだけどね、

夜がね …
ちょっとね …


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
土曜日の午後、弁にゃんの体は お空に行きます。


スポンサーサイト



未分類 | 00:01:14 | コメント(42)