FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

たられば話
着々と冬仕度が進んでおります。

冬支度

次は加湿器かな~。
ちょっと喉が枯れ気味な お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                     ☆     ☆


1ヶ月ほど前に起こった、ちょっとモヤモヤしちゃった お話をひとつ。

お休みの日に、家族みんなで お散歩に行った時のこと。

お父ちゃん・平次組と、 お母ちゃん・ひなっち組とで歩いてたんです。

グイグイ引っ張る平次と、マイペースに歩く ひなっち。
2組の間には 結構な距離が。

「 ひなちゃ~ん、お父ちゃん達 行っちゃうよ? 匂い嗅いでばっかいないで 早く行こうよぅ 」

と、後方から 「 わんわーん♪ 」 という 女の子の声が。
「 ○○ちゃん、行かないよー 」 という ママの声も。

振り向くと、よちよち歩きの小さい女の子が あたし達の後を追ってきてた。
ママは 女の子を捕まえようと、中腰になって 両手を伸ばしているところ。

あたしは にっこりしながら 「 バイバイ 」 って手を振って、そのまま歩き続けたの。


たられば 1

いや、もし連れてたのが コテツさんみたいに、誰に どこを触られても平気な子だったら、
止まってあげてたよ。

そうすれば 女の子も すぐに追い付いて止まるし、 ママも追いかけなくて済むだろうし。

でも、連れてたのが ひなっちだから。
よその人に触られるのが大っ嫌いな ひなっちだから。

女の子が追い付いたとしても、触らせてあげることも出来ないし、
相手は小さい子供、「 触らないでね 」 なんて 理解出来るとも思えない。

まあ、ママも追いかけてることだし、こんな よちよち歩きじゃ すぐに捕まるよねって思って。


そのまま歩き続けてたら、また ママの声が聞こえたの。
「 ○○ちゃん、行かないよー! 」

え、まだ捕まえてなかったの?
まだ追いかけてきてるの?

振り向いた あたしの目に飛び込んできたのは、

ひなっちのシッポに伸びる 女の子の小さい手。

え!?

その瞬間、シッポのあった場所に ひなっちの顔が。

ぐるっと 体を反転させて、女の子に飛び掛ろうとしてる ひなっち!


たられば 2

分かってるよ、ひなちゃんも咄嗟の行動だったんだよね。

実際、飛び掛ろうと前足を浮かせた ひなちゃん、目の前に 女の子の顔があって
ビックリした様子だったし。
「 え、赤ん坊!? 」 みたいに。


たられば 3

たられば 4

一瞬 ひなっちが ひるんでくれたおかげで、
あたしは すぐに リードを下に引き下げることが出来て、
女の子には 指1本 触れることなく 事なきを得て …

それと同時に 女の子のママも追い付いて、引き離してくれた。

ママさんは 明るく 「 すみませ~ん ^_^; 」 って謝ってくれて、
あたしも 「 いいえ~ ^^ 」 って言って。

背後に 「 わんわーん♪ 」 っていう 女の子の声を聞きながら、
また歩き出したわけなんだけど …

ただ それだけの話なんだけど …


もし、なにか1つでも違っていたら、これ、ものすごい事故になってただろうなあ って。

女の子が ひなっちのシッポを ギュッて掴んじゃってたら。
ひなっちが 女の子に飛び掛ってたら。
歯で怪我をさせてたら。
爪で怪我をさせてたら。
ママさんが それを許してくれなかったら …


たられば 5

お前のちんこなんか 噛むわけないだろう、黙ってろ (-"-)


で、治療費や お洋服の弁償とか、お金で解決出来ることならまだしも、

もし ママさんが、
「 子供に触られたくらいで噛むような凶暴な犬、処分して下さい! 」
なんて言う人だったら … !

どうなの?
そうしなきゃいけないの? (涙


たられば 6

それは犬の世界での話ね。
人間の世界では、傷付けた方が どうしたって悪いんだよ。

今回は なんでもなく終わったけれど、それはラッキーだっただけで、
そういう展開も ありえない話じゃないわけで …

犬って 立場弱いなあ … なんて思ったのでした ^_^;


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ その言い分は犬飼いだけにしか通用しないんだよって 押してね♪


スポンサーサイト



未分類 | 01:03:40 | コメント(17)