■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

無理じゃ~ん!
もう1度言いますよ?
「 ひなちゃんは ちゃんと回復してきています 」
なので 安心して読んで下さいね ^^
リアルタイムっぽく書いてるから ドキドキしちゃうのかもしれないけど、
リアルタイムで これを経験したあたしの 先の分からないドキドキを
少しでも感じて頂けたらと思う お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


さて、日曜日の夕方に 誤嚥性肺炎で緊急入院した ひなちゃん。

翌、月曜日の夕方の再検査の後、先生から電話がありました。


「 今日 退院しましょう、迎えに来て下さい 」
「 え、今日? そんなに結果良かったんだ! 」
「 いえ、悪くなってます、ものすごく 」

検査の結果が悪いのに退院しろって どういうこと?

とにかく お父ちゃんと一緒に 病院に向かいます。


「 本当に今日退院しちゃっていいの? 大丈夫なの? 結果が悪いって どういう・・・ 」

「 血液検査の炎症の数値、昨日の1回目の時にも高めだったんですが、
今日は桁違いに跳ね上がってます 」


「 じゃあ退院なんて無理じゃん (-_-;) 」


「 肺のレントゲンですが、これが昨日の。 こっちが今日の 」

昨日の肺は 全体的に薄く霧がかかってるみたいに ぼんやり白かったのが、
今日の肺は 白くベタ塗りしたみたいな真っ白さ。

「 やっぱ無理じゃ~ん! (-"-) 」


「 それから ひなちゃん、血を吐きます 」

「 絶対無理じゃあ~ん! >< 」

「 でも ここにいても 薬飲ませて 点滴するだけなんですよ。
 薬だったら家でも飲めるし、点滴なら通えばいいんですから 」


そりゃそうかもしれないけど ・・・ (-_-;)

「 それに ひなちゃん、食べないんですよ。 お水も飲まない。
 お母さんが帰ってから、持ってきてくれたお弁当も 一切食べないんです。
 おうちでだったら食べると思うんですよ。
 肺炎は 食べて免疫力高めないと治らないですから 」


そりゃそうかもしれないけど ・・・ (-_-;)


先生が あたしが置いて行ったお弁当のタッパーを持ってきてくれた。

確かに 「 これは? これなら食べられる? 」 って出し入れした形跡はあるけど、
数は全然減ってない。

「 ひなちゃん、お芋さん食べる? 」
プイ。

「 先生、あたしからでも食べないよ (-_-;) 」

「 でも今、タッパーに顔近づけましたよね? それすらなかったですから。
きっともう乾いちゃって 匂いが弱いんでしょう、お家でだったら食べますよ、きっと 」


まあ それはそうかもしれない。

それに、ひなちゃんの入ってたケージ。
ふわんふわんが大好きなひなちゃんが あんな硬いところに入れられて ・・・

そうだな、家に帰れば ふわんふわんで寝られるもんな。
やっぱり家がいいよね。


そんなわけで 退院してきた ひなちゃん。


平次は嬉しくて、すぐに ひなちゃんの元にすっ飛んできた。

でも、

匂いを嗅いだら 離れて行った。
近づこうとしない。
避けてる感じ。

多頭飼いをしていると、こういう時の もう片方の行動が いろんな目安になる。

やっぱり ひなちゃん、相当悪いんだな。


退院 1

ひなちゃんは ただただ寝てて、

でも 呼吸がひどくうるさくて、

「 グッグッグッグッ 」

具合が悪くなった日曜日、
あたしが 変だなって思った この音は、肺炎の呼吸音だったんだな (-_-;)


家に帰っても やっぱり何も食べない、飲まない。

大好きなミカンでさえも 顔を背けた。


そのうち よろよろと立ち上がり、犬部屋へ。

うんうん、犬部屋の中は落ち着くもんね。
ゆっくり休むといいよ。


退院 2

ん? どうした?
あ、もしかして この高さ 上がれない?


退院 3

立ってるのも辛いのか (-_-;)


退院 4

うん、好きなところで。
向こうには しまホイもあるからね。


退院 5

平次も心配そう。
でも 「姉ちゃん どうしたのー? お部屋入んないのー? 」 なんてKYなことは言わない。


退院 6

ああ、また力尽きた ・・・


ようやく しまホイにたどり着いて 寝始めた ひなちゃん。


退院 7

離れたところからでも聞こえる 大きな呼吸音。

お父ちゃんと 何度も寝顔を覗き込む。

大丈夫?
大丈夫?

もしかしたら このまま死んじゃうんじゃないだろうか。

目を開けてる時の顔は 写真撮ってない。
残したくない顔だったから。

正直、

死相が見えた。

ダメかもしれない。

だったら、

退院させて良かった。


退院 8

そんな また眠れない夜だった 月曜日。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ この時は「大丈夫だよ」なんて言えなかったから 押してね♪


スポンサーサイト
未分類 | 00:24:03 | コメント(9)

FC2Ad