FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

弁にゃんの誘惑
昨日、You Tubeを観ていたら、懐かしい映像 発見しちゃった。
『 トリ〇アの泉の雑種犬シリーズ 』 !
アップされてたのは 「 主人が謎の秘密組織に連れ去られたら、助けに来るか 」
ってヤツだけだったんだけど、あたし このシリーズが大好きでねえ^^
いろんなのがあったよね、「 主人が熊に襲われたら 」 とか 「 崖から落ちたら 」 とか。
まあ、犬の身になれば 賛否の分かれる企画だったんだろうけど、
あたしは単純に楽しんでたよ。 ウチの子だったら どうするかな とかさ。
でね、このシリーズの なにがいいって、検証後の飼い主へのインタビューでさ、
期待通りの行動をしてくれなかったのに、
口では 「 思いのほか 薄情者でしたね 」 とか言いながら、
傍らの自分の犬を 優しく撫でてるんだよね^^
その 『 かわいくて仕方ない感じ 』 を見るのが大好きだった お母ちゃんこと のりじです。
こんにちは。

( あのシリーズ、全部 録画してたのに、デッキがポシャって 全部パー。 ショボン )


                     ☆     ☆


弁にゃんの安全地帯こと ストーブの前。
そこでは バタバタ暴れないって決まりがあって、


場所 1

おとなしく 『 なかよし 』 してる分には 一向に構わない。


場所 2

でも おふたりさん、
分かってるよね?


場所 3

そこでは そこまでだよ?


場所 4

という理屈の上で その場を離れるということは …


場所 5

そう解釈されても しょうがないかと ^_^;


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
↑ ケツの穴のちっさい男だねって思っても 押してね♪
スポンサーサイト





未分類 | 00:00:26 | コメント(6)
コメント
あぁ、なんか わかります^^
犬がどうのこうのじゃなくって 犬と飼い主さんの関係に
なんだかジーンってしちゃうんですよねぇ。
ト○ビアじゃなかったかも?ですけど
飼い主さんがショッカーに襲われたらどうするか?って検証があって
その子は 果敢にもショッカーに吠えまくってました。
飼い主を守ろうとしたのか、単に怖かっただけなのか わからないけど
なんだか健気でしたよー。

平ちゃんも ある意味、健気なのかしら…。
2012-12-15 土 01:28:30 | URL | ともち [編集]
なんかぁ~
ひなっちは、平ちゃんを襲い~
平ちゃんは、弁にゃんを襲い~~

弁にゃん・・・・
まっ、一番兄貴分だから、がまんってとこか~~
2012-12-15 土 05:18:53 | URL | もるぽぽ [編集]
弁にゃん可愛いよぉぉ~~~
平次くん、弁にゃんのこと大好きなんですね!
ネコちゃんにペロペロなんて我家では夢の夢です。
2012-12-15 土 11:38:22 | URL | なお [編集]
のりじ様、ひなちゃん、平次君、弁にゃん、
あたしもあのシリーズ、結構好きだったわ。
スタート前の飼い主さんのそこはかとない期待感と、
無理かもしれないなって思いが顔に出ていてね。
どのケースも実験だから結果は推して知るべしなんだけど、
いつも実際に思っていたのは
「何かあれば飼い主さんはきっと犬を守るために戦うんだろうな」って。
でも一回だけ、誘拐された飼い主さんを車を追って救出した子が
1頭だけいてね、飼い主さんはものすごく嬉しそうで。
訓練されてない子が出来るってある意味、すごいですよね。

うーん、弁にゃん、離れるタイミングが難しいねぇ??
2012-12-15 土 12:08:56 | URL | たっぺねーさん [編集]
弁にゃん、ちょっとお水を飲むのもチッコするのも
苦労するのねぇ。

ダミーのストーブを列に並べて弁にゃんの通り道を
作ってあげたら〜? ←非常に邪魔(笑)
2012-12-15 土 13:07:05 | URL | ひぃ [編集]
のりじです。

この場をお借りして、トリビアの検証で あたしが思ったことを書かせてね。
雑種犬シリーズ、バージョンは違くても、基となってるのは
『 主人の危機に 犬がどう反応するか 』 だよね。
でね、あたし気付いたんだけど、犬の年齢が高い方が 主人を心配する行動を
取ることが多い気がしたの。
もちろん、100%じゃないよ? 歳の若い子だって、頑張ってた子はいたよ?
年齢が高い イコール 一緒に過ごした時間が長い ではないことも承知だけど、
それでも 「 どうしよう 」 って葛藤が強い様子を見せたのは ある程度の年齢の子だった
ような感じがしたよ。
だからね、例えば あたしが襲われたとするでしょう?
ぼんやりのコテツさんは 多分 少し離れたところで見てるだけなんじゃないかなって。
怖いけど、お母ちゃんのことも心配。 助けには行けないけど、お母ちゃんのことが心配。
平次は 一目散に逃げるんじゃないかな、まだまだ本能が強くてさ (笑
犬っていいよねえ。 犬と暮らすって いいよねえ^^
2012-12-17 月 12:12:18 | URL | のりじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する