FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

アナフィラキシー・ショックの恐怖
コテツとひなたの お友達 イタリアングレーハウンドの R君が
おととい 亡くなりました。 コテツの弟と 同じ病気で。
まだ4歳。 これから いっぱい楽しいことが待っていたはずだったのに。
この場をお借りして 心より お悔やみ申し上げます。
愛情を注いで お金を掛けて、それでも老犬になれない子は
いっぱいいるんですね。 とてもくやしいです。
今の 当たり前ではない幸せを感じつつ、パソコンに向かう
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。



           ☆     ☆



先日、イケメン俳優さんが アナフィラキシー・ショックで
病院に 救急搬送されたという 報道がありました。

私は もうテレビにかぶりつき。


実は 我が愛しのひなちゃんも それで倒れたことがあるんです。

ひなっちの場合 原因は「ハチ」でした。


今年の6月のことです。

いつもの広場に お散歩に行きました。
シロツメクサの白い花が とってもきれいでした。

突然 ひなっちが 「キャンッ!」
どうしたの? なにか踏んだの?
足先を気にして 舐めています。

すぐに 歩き出したものの、 また座り込んで 足先を舐めます。
切った? なんか刺さってるの? 痛いの? 見せてごらん
ひなっちは 激しく抵抗して 見せてくれません。

再度 歩き出し、またすぐに座り込みます。
そして ゆっくりと 伏せてしまいました。
ねえ、ホントになんなの?
ひなちゃんは もう動きません。

初めに 「キャンッ!」って言ってから ここまで 5分弱。

広場にいた 犬友達たちが 集まってきます。
「熱中症じゃない?」
うーん、どうだろう (そこまで暑いとは思わないけど)
ひとりが 自分のワンコの首から 保冷材の入ったバンダナをとって
ひなっちの首に 巻いてくれます。
「ねえ、病院行ったほうが いいんじゃない?」
うん、行ってくる。 コテツをお願い!

病院まで 歩いて10分。
11キロのひなっちを お姫様だっこして 急ぎます。
ひなっちは ぐったりと動きません。 でもあったかい。
ひなちゃん!がんばって!お医者さん行くよ。先生助けてくれるからね!
ずっと声を掛けながら ようやく到着。 「キャンッ!」って言ってから 20分弱。

すみません!ひなたが倒れたんです!
病院のスタッフさんが すぐに受け取って 治療室へ。

涙と汗で グショグショのまま 待つこと30分。
ようやく中へ呼ばれました。

今まで入ったことのない 集中治療室みたいな部屋。
ひなっちは 台の上に横たわって 口にマスクを当てられています。

先生がおっしゃるには、運ばれてきたときの状態は
心拍は 生命維持のギリギリの数値、
血圧は 触診では触れなかった。
筋肉の弛緩も始まっていた と。
死んでもおかしくない状態だったそうです。

おぼえてないのよ
くす。 そりゃそうですよ。 あなた、意識なかったんですもの。

いろいろ経緯を話しているうちに 何かによる アナフィラキシー・ショックと
診断されました。
後になって 広場にいた人たちの言葉で 原因は「ハチ」と分かりました。

一度 私だけ帰宅し、夜11時頃 先生から電話で
状態が安定しているので 迎えにくるように と。 
 
お父ちゃんと 車で迎えに行くと 
ひなっちは とても元気に飛びついてきました。

翌日 また ひなっちを連れて 病院に行くと、先生に
長い時間、血圧低下が続いたので もしかしたら
脳にダメージを受けたかもしれない、と言われました。
具体的には、真っ直ぐ歩く事ができない、今まで出来ていた簡単な
命令(座れ・待て など)が分からない、トイレの失敗、人の認識など。

そして一週間後、なんの異常も表れないことに 先生は驚いていました。
おそらく、首に巻いてもらった保冷材が 脳を守ったのだろうと。
毛根細胞が少しダメージを受けて、ちょっぴり毛が抜けましたが
別にハゲる程でもなく 本当にそれだけ。

たいへんだったのね
あなたの事ですよ。



今、ひなたは 元気です。

ハチが活動する 10月いっぱいまでは、攻撃されないように
白っぽいシャツを着て 散歩していました。
今度 刺されたら、おそらく助からない と言われたもので。

まわりの人達も、「あそこの植え込みにハチがいたよ」とか
「あっちの公園にハチの巣が見つかったって」と 教えてくれます。

あの時、コテツを引き受けてくれる人がいなかったら
あんなに早く 病院に連れて行くことは できなかった。
あの時、保冷材を巻いてもらわなかったら…。

本当に ありがたい限りです。

みんなに助けてもらった ひなっちの命。
できれば もうちょっと 命の恩人のみなさんに愛想良くしてくれれば…

あたしはあたし

……そうだね。 
ひなっちが愛想良くしてたら、やっぱり脳にダメージが!って
大騒ぎになっちゃうね。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ バカでもなんでも やっぱり健康第一!って思ったら押してね
スポンサーサイト





未分類 | 17:24:56 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
本当にあの時はビックリしたよ!(><)
心臓バクバクもんだった。
ひなっちがよくなってくれて嬉しいですよ。
お散歩の時は何かと気を付けなければいけませんね。

これからも ひなっちらしく元気でいてね!!
2008-11-15 土 20:15:11 | URL | しゃなママ [編集]
ひなっちちゃん 大変な思いをしたのですね
こうして元気にいられるのも とっても いい条件がそろって
いたからなんですよね
本当に運が悪いと 何が起きてもおかしくなかったのですから・・
ひなっちちゃん その分 今は とっても元気て゜すもの・
お散歩は 色んな事に気をつけないと 思います
そしてお友達のR君のご冥福をお祈りいたします
2008-11-15 土 21:19:58 | URL | ラんまま [編集]
>しゃなママ 様

ママにも、いっぱい心配かけました。
病院まで駆けつけてくれたよね。
治療室まで しゃなおの声が響いて
せっかくのシリアスムード ぶち壊しでした(笑)

>ラんまま 様

本当に運が良かったと思っています。
あんなのでも やっぱり可愛い娘ですから。
なにかあったとき、多頭飼いは 動くのが難しいですから
ラんまま さんも お気をつけ下さい。
2008-11-16 日 00:15:21 | URL | のりじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する