■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

たられば話
着々と冬仕度が進んでおります。

冬支度

次は加湿器かな~。
ちょっと喉が枯れ気味な お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                     ☆     ☆


1ヶ月ほど前に起こった、ちょっとモヤモヤしちゃった お話をひとつ。

お休みの日に、家族みんなで お散歩に行った時のこと。

お父ちゃん・平次組と、 お母ちゃん・ひなっち組とで歩いてたんです。

グイグイ引っ張る平次と、マイペースに歩く ひなっち。
2組の間には 結構な距離が。

「 ひなちゃ~ん、お父ちゃん達 行っちゃうよ? 匂い嗅いでばっかいないで 早く行こうよぅ 」

と、後方から 「 わんわーん♪ 」 という 女の子の声が。
「 ○○ちゃん、行かないよー 」 という ママの声も。

振り向くと、よちよち歩きの小さい女の子が あたし達の後を追ってきてた。
ママは 女の子を捕まえようと、中腰になって 両手を伸ばしているところ。

あたしは にっこりしながら 「 バイバイ 」 って手を振って、そのまま歩き続けたの。


たられば 1

いや、もし連れてたのが コテツさんみたいに、誰に どこを触られても平気な子だったら、
止まってあげてたよ。

そうすれば 女の子も すぐに追い付いて止まるし、 ママも追いかけなくて済むだろうし。

でも、連れてたのが ひなっちだから。
よその人に触られるのが大っ嫌いな ひなっちだから。

女の子が追い付いたとしても、触らせてあげることも出来ないし、
相手は小さい子供、「 触らないでね 」 なんて 理解出来るとも思えない。

まあ、ママも追いかけてることだし、こんな よちよち歩きじゃ すぐに捕まるよねって思って。


そのまま歩き続けてたら、また ママの声が聞こえたの。
「 ○○ちゃん、行かないよー! 」

え、まだ捕まえてなかったの?
まだ追いかけてきてるの?

振り向いた あたしの目に飛び込んできたのは、

ひなっちのシッポに伸びる 女の子の小さい手。

え!?

その瞬間、シッポのあった場所に ひなっちの顔が。

ぐるっと 体を反転させて、女の子に飛び掛ろうとしてる ひなっち!


たられば 2

分かってるよ、ひなちゃんも咄嗟の行動だったんだよね。

実際、飛び掛ろうと前足を浮かせた ひなちゃん、目の前に 女の子の顔があって
ビックリした様子だったし。
「 え、赤ん坊!? 」 みたいに。


たられば 3

たられば 4

一瞬 ひなっちが ひるんでくれたおかげで、
あたしは すぐに リードを下に引き下げることが出来て、
女の子には 指1本 触れることなく 事なきを得て …

それと同時に 女の子のママも追い付いて、引き離してくれた。

ママさんは 明るく 「 すみませ~ん ^_^; 」 って謝ってくれて、
あたしも 「 いいえ~ ^^ 」 って言って。

背後に 「 わんわーん♪ 」 っていう 女の子の声を聞きながら、
また歩き出したわけなんだけど …

ただ それだけの話なんだけど …


もし、なにか1つでも違っていたら、これ、ものすごい事故になってただろうなあ って。

女の子が ひなっちのシッポを ギュッて掴んじゃってたら。
ひなっちが 女の子に飛び掛ってたら。
歯で怪我をさせてたら。
爪で怪我をさせてたら。
ママさんが それを許してくれなかったら …


たられば 5

お前のちんこなんか 噛むわけないだろう、黙ってろ (-"-)


で、治療費や お洋服の弁償とか、お金で解決出来ることならまだしも、

もし ママさんが、
「 子供に触られたくらいで噛むような凶暴な犬、処分して下さい! 」
なんて言う人だったら … !

どうなの?
そうしなきゃいけないの? (涙


たられば 6

それは犬の世界での話ね。
人間の世界では、傷付けた方が どうしたって悪いんだよ。

今回は なんでもなく終わったけれど、それはラッキーだっただけで、
そういう展開も ありえない話じゃないわけで …

犬って 立場弱いなあ … なんて思ったのでした ^_^;


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ その言い分は犬飼いだけにしか通用しないんだよって 押してね♪
スポンサーサイト


未分類 | 01:03:40 | コメント(17)
コメント
なんだろ。。。
なんだろ。読んでて切なくなっちゃった。犬にも言い分がある、そのとおりなんですよね。分かってくれる人達ばかりじゃないし。。。
うちもね、あるんです。ちょっと、歯をあてちゃったこと。
お隣さんの娘さんの彼氏が芝刈りしてるときに、フェンスの近くに寄って来て。いつもは、そういう状況の時は家の中に入れてるんですけどね。(防衛本能か3匹ともギャン吠え) 一番大きい子(ラブミックス)がジャンプした時にひっかけちゃった。涙
お隣さん、「注射してる~?かすっただけだし、大丈夫よ。言っておいたのに近づいたあの子も悪いの。気にしないで。」って
ホント、涙ちょちょぎれでした。
2014-11-07 金 02:19:19 | URL | なおみ [編集]
おはようございます♪

ひなちゃんの件とは違う意味でですけど,
栃木での事件のワンコなんて,言い分
いっぱいだろうなぁって思いますねぇ・・・。

あー,切なくなってきた・・・
2014-11-07 金 06:28:39 | URL | きむら [編集]
ほんとに、紙一重ですよね。
悪いのは犬とその飼い主にきっとなるんですから。
スベインでしたっけ?
エボラ出血熱にかかっ方の愛犬 処分されたの?賛否両論あるでしょうけど、耐えられません。簡単に処分なんて言わないでほしいですね。
2014-11-07 金 07:13:43 | URL | びいぞら [編集]
遅くなってしまいましたが、ひなちゃん記念日おめでとう。
10年ひと昔。我が家も、もうみんなシニア。
あっという間だったな。でも、犬にとってその10年は人間とは違う時間の枠になるんですよね。
一緒にいるようでも違うことがたくさん。
でも、命の重さはみんな同じ。
いろいろな意味で、素敵な関係が築けるようになるために、
大切なことがたくさんありますよね。
2014-11-07 金 08:52:11 | URL | mimi [編集]
これは、永遠の悩みだよね。
先日の『わんわんフェスティバル』が終わって、片づけている最中に、フェスティバル後にランに来ていた黒柴犬同士がけんかになり、他の犬も巻き込まれてちょっとした騒動に。
それを止めようとしたフェスティバルのスタッフがかまれました。
でも、飼い主たちは気づいてないのか知らんふり。
別のスタッフが言いに行ったら、かるぅ~く「すいませぇ~ん」で終わってしまったとか・・・
噛まれた本人は、「自分が勝手に止めようとしたんだからいいよ!」って笑ってたけどね
もちろん、病院にも行ったそうです。
でも、相手が子供となれば話は違うもんね
飼い主にできることは、散歩中は常に周りに注意しながら歩くってことかな。
誰だって、嫌なことされたら威嚇くらいするよね~ ね、ひなちゃん。
2014-11-07 金 10:20:14 | URL | 伊藤鼓太郎のハハ [編集]
子供相手は本当に怖いです。
犬の扱いを知らなくて,悪意なくても乱暴に触る子もいるし。
基本的には「触らせてください」って許可を求めてくる子以外は,触らせないようにしています。
のりじさんと同じく,ニコニコしながら「ありがとね~,バイバイ」みたいに足早に去ってしまいます(笑)。
アトムはコテツさんタイプなので,子供が危ない目に合うことはまずないと思いますが(ひなちゃんも絶対噛まないと思います),逆にアトムが嫌がることされたらイヤなので。
一度,アトムに小石を食べさせようと口元にもってくる子から逃げるのが大変でした^^;
(子供はおやつ感覚で何か食べさせたくてやっていたようです。悪意は感じられませんでした。)
2014-11-07 金 10:41:02 | URL | カピバラ [編集]
うちのお嬢さん、人間が大好きみたいです。誰彼構わず撫でてって近づいて行ってしまいます。
小さい子どもにも、行きそうになるのでちょっと怖いです。
私もうちのお嬢さんは、噛まないって思っているけど、「たられば」怖いです。
ちなみに、ワンコの飼い主さんには漏れなく「撫でて~」ってワンコの臭いかぎより好きみたいです!爆
2014-11-07 金 11:10:30 | URL | 作久良 [編集]
すーーーーっごいx100000 良く分かります。
もちろん犬嫌いな人がいることも、犬の扱いを知らない人がいることも重々承知してます。だからこそ、神経質なくらい気を付けて散歩して、今年の秋頃は疲れちゃったことがあります。
お母さんが「こんにちは〜」と言ってくれる人は○で、「触って良いですか?」と言ってもらえたら◎です。でも、「○○ちゃん、ワンワンだね〜」て、子供とだけ会話して いきなり触ろうとする人もいますね。
うちは、のぞみが ひなっちタイプなので、聞いて貰えれば「あ、、こっちの子は神経質なので(と言って抱える)、、、でも、こっち(はやて)は大丈夫ですよ〜」て言えるのですが。。。
2014-11-07 金 12:16:17 | URL | まあた [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-07 金 12:41:26 | | [編集]
そうそう、ワンコさんて立場弱いですよね~

少し前にも
ワンコ連れてないのにランに入ってきて
子供(2~3歳)に
「ほら、ワンワンだよ~怖くないよ!」って近づけてくるお父さんが居て…
私たちはドキドキ
何事もなかったけど
万が一の時、悪いのはワンコさん? なんだろうなぁ~(-_-;)
2014-11-07 金 13:21:27 | URL | ちゃいまま [編集]
はじめまして
実は、9月にビーグル犬を亡くしたばっかりで
ペットロス状態ですが、このブログを読んでいつも元気をもらっています。
これからも頑張ってください!
2014-11-07 金 14:40:26 | URL | さっちゃん [編集]
のりじ様、ひなちゃん、平次君、
遅ればせながら家族記念日、お目出度うございます。
うーん、これってね、納得できない話ですよね。
法律上、ワンコやペットって器物じゃないですか。
これが連れて歩いている、もしくは持って歩いているものが
ワンコではなくてただの物であるなら(つまり器物、ね)
誰も触って来ないわけですよね。
触ったなら相手に対して「何で勝手に触るんですか!」って
こちらがいうことが出来るわけ~~。
だって変な奴でしょ?違法じゃん!
ワンコに関しても同じことが言えるはず。
人のものに勝手に触るのは触る方が悪いですって。
ワンコが可愛いから、撫でたかったから?
こっちも気を付けてるんだから最低のマナー守れって(~_~;)
これがきちんと守れない人が多くなっているなら
ちゃんと条例等で決まりを作るべきでしょうね。
子供の数よりペットの方が多い時代ですから。
と、完璧ワンコの飼い主的立場から、でした。
2014-11-07 金 17:09:31 | URL | たっぺねーさん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-07 金 20:48:24 | | [編集]
うちは小さい子供が近づいて来る時は、ほとんどのお母さんが「触ってもいいですか?」って聞いて来る人ばかりでした。
たまたまそんな人ばかりに会っていたので良かったです。
チョッパーは大人しいほうなので大丈夫だと思ってますが、でも何があるか分からないので触らせる時には、私もしゃがんで顔を押さえるようにしています。
わんこが好きな人・嫌いな人がいるので、難しいですね(^^;) 何かあるとわんこが悪くなってしまうし・・・
飼い主にとっては大事な我が子ですが、他の人にはただの犬でしかないんですよね…
2014-11-07 金 21:34:03 | URL | チョビママ [編集]
そう、それなんですよねぇ。
たっぺねーさんさんも書かれてるように、わんこって物扱いなので
色々な意味で立場が弱いんです。。
わたし達にしたら【家族】そのものだけど
わんこと一緒に暮らしたことのない人にしたら
その気持ちなんてわかるはずもなく…。

小さな子供を連れたお母さんに、【犬は凶暴な生き物】って
認識をしてもらいたくはないものの
【時と場合によっては、やっぱり獣】って認識は
心のどこかで持っていて欲しいような、欲しくないような。。
本当に難しい問題ですよね。
2014-11-08 土 00:29:27 | URL | ともち [編集]
生足の女子にも注意が必要です。相手は犬好きで近寄って来てくれるんです。アンもそれが分かってテンションが高くなって飛びつきそうになるんですけど 太ももに爪でも立てたら傷になるかもしれないからリードを引く。でも相手はそまで考えてないからわざとアンを注意するふりをして『生足に飛びついたら痛いからだめよ(^^)』と言うようにしてます。
犬飼じゃなきゃ分からない事って きっと まだまだ沢山ありますよね・・・
2014-11-08 土 19:30:10 | URL | とうこ [編集]
>なおみさん
こういうのって こっちもトラウマになるんだよね …
あたしも、女の子ちゃんに飛びかかろうと 前足を上げて 顔を突き出した
ひなっちの姿が まだ目に焼き付いちゃってて (-_-;)

>きむら先生
これ、本当にひどい事件だと思います。
この子達の言い分もそうだけど、これをやった人達の言い分も聞いてみたい。
どんな事情で、どんな思いで こんなことが出来たのか …

>びいぞらさん
エボラのね~、これ、隔離じゃダメだったんでしょうか。
簡単に処分なんて言うけど、殺すのは犬だけじゃなく、飼い主の心もだと
思うんですよ。

>mimiさん
お祝いコメ ありがとうございます ^^
たった10年なのに、かわいい赤ちゃんだったのに、あっという間に同い年になって、
気が付けば あたしよりも年上に … ^_^;
まあ、子供の一生を見届けられるって、人間との大きな違いでしょうね ( ちょっとホロリ

>伊藤ハハ
その噛まれたスタッフさん、大丈夫だったのかな、
病院に行くほどじゃあ ひどい傷だったのかな。
それにしても、 『 かるぅ~く「すいませぇ~ん」 … 』 かあ (-_-;)
これじゃあ 人間の世界で 犬の立場が弱くなるのも無理ないかなあ (-_-;)

>カピバラさん
石!? そんなもの 犬が食べると思ってるのか!?
( あ、コテツさん 小石食べてたな、そういえば … ^_^; )
「 人間が食べないものは 犬も食べないんだよ~ 」 とかって言ってもダメかな。
( あ、ひなっち ミミズ食べるっけ … ^_^; )

>作久良さん
人間好き過ぎってのも 程度によって考えもんで …
平次は 嬉しくて飛びついて、押し倒したりしそうで 別の意味で怖いよ ^_^;
コテツ爺みたいに 子供に興味がなくて、触られても意にも介さないくらいが
ちょうど良かったんだけどなあ (^^ゞ

>まあたさん
いるね~、そういうお母さん ^_^;
以前ね、初めて会ったにも関わらず、「 ○○ちゃん、触ってごらん、怖くないよ~ 」
ってお母さんがいらっしゃって、頭にきたので 「 噛みますよ? 」 って言っちゃった (^^ゞ

>鍵コメMさん
それはね、きっとMさんが 若くておとなしい女性に見えたからだよ。
Mさんが男性だったら、逆ギレしそうなおばちゃんだったら、きっと言われなかった。
言いやすそうな人に見えたから とばっちり受けちゃったんだよ。
よし、今度から お散歩には、アニマルプリントの服にグラサンかけて行こう!

>ちゃいままさん
なんだ そりゃ …
『 お触りバー 』 じゃないんだから (-_-;)

>さっちゃんさん
はじめまして ^^
9月っていったら つい先日ですね。
こんなブログでも、なにかの役に立つのなら嬉しいです ^^

>たっぺねーさん
あはは、極端な話だけど、あたし達からしたら 「 そうだそうだー! 」 だね (^^ゞ

>鍵コメIさん
うふふ、共通点発見~ですね ^m^

>チョビママさん
そう、ただの犬 …
感情があるなんて思いもしないんでしょうね。
それも 1頭1頭 違う感情が。

>ともちさん
いいこと言うなあ~!
そう、その認識! 持っていて欲しいような 欲しくないような。
「 犬は怖くないよ 」 って 小さい頃から教えてあげてほしい。
でも 「 犬は怖い 」 ってことも教えてあげてほしい。
ホント 難しいね ^_^;

>とうこさん
あと、レースの付いた服とかもね ^_^;
小型犬の飼い主さんが、「 自分の子が届かない場所のレース 」 の服を
お散歩に着てきてね、ウチの子が 「 おやつ~♪ 」 って飛びついて、
レースに爪を引っ掛けて 「 ピーッ 」 (涙
2014-11-14 金 13:50:54 | URL | のりじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad