■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

おりこうワンちゃんの薬
昨日の ひなちゃんのヘルニアの記事には、週末だってのに たくさんのコメントを
頂きまして (^^ゞ
やっぱり ビーグルオーナーにとってヘルニアって身近な問題ってことなのかしらね。

でも きっと来るだろうって思ってた質問は来なかったですね。
「 でも ひなちゃん、ブログでは普通に動いてましたよね? 」 って。
聞かれてないけど答えちゃう ^m^
あれはね、ようやく動いたところで 慌てて撮ったんですね。
笑顔が多いです。 「 あたし立てた! 」 って嬉しくてしょうがない顔です (^^ゞ

動画もありましたね。 平次に 「 ひなちゃん呼んできて 」 って。
あれはね、最初はブログに載せるつもりじゃなかったんです。
あの頃は ごはんを食べに来たり来なかったりの頃で、
平次と並んで ごはんを食べてる姿が とても嬉しくってね、それで写真を撮って。
ついでに動画も撮っちゃおうって、後で撮ったのを見たら なんかかわいかったんで (^^ゞ

ただ動いてる姿が あの時は とてもありがたいっていうか 輝いてるっていうか。
ブログには載せなくても、これからも なんでもない動画を いっぱい撮ろうって思う
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


さて、金曜日に行った病院の話。
今日は平次編です。

今月16日に 急に倒れて失禁しちゃったのは記事にしましたね。
翌17日に病院で検査して、どこも異常はなくて。

検査の記事のコメントに、春香さんから 「 ナルコレプシーが疑わしい 」 って頂いて。

ナルコレプシーっていうのは、慢性の睡眠疾患のことで、眠いわけでもないのに、
突然突っ伏したり横に倒れたりする病気のことなんだって。

検索して、確かに! って思ってね。 絶対これだ! って。
今度 病院に行った時、先生に聞いてみようってね。

ところが ・・・


カタプ 1

1回目が 16日の木曜日。
その後 実は、20日月曜日と 22日水曜日にも倒れて失禁 ・・・

この2回は 現場を見ました。

1回目も含めて 共通点も発見。

外で物音が。
1回目は分からないけど、2回目は犬の吠え声、3回目はカラス。

平次は 「 ワオーン! 」 と吠えて ベランダへ。


カタプ 2

カタプ 3

腰が抜けたみたいに 虚脱して倒れちゃうんです。

2回目は ちょうどこの場所。
前足だけ部屋に入って、後ろ足を上げようとして 上手く上がらず、そのまま倒れました。

3回目は ちゃんと部屋に入ってきましたが、4mほど歩いて 倒れました。

その様子を見てね、ナルコレプシーを調べた時に見た、ナルコレプシーの症状の1つ、
カタプレキシーだって思いましてね。

カタプレキシーっていうのは、感情の強い変化をきっかけに、全身または膝や腰など
一部分の姿勢を保つための筋肉の力が抜けてしまう発作だそうで。

うん、まさにこれ!

だけど、どっちかっていうとカタプレキシーって、嬉しい、楽しいっていう感情の時に
出るんだって。

「 わーい、パパが帰ってきたー! 」 バタン! とか、
「 わーい、ごはんだー! 」 バタン! とか。

先日、お父ちゃんが人間ドックから帰ってきた時の動画。
これも 倒れるかどうか 確かめるために撮ったものだったんです。

倒れなかったですねえ。

平次が倒れるのは、嬉しい時じゃなくって 恐怖とか怒りとか、負の感情の時。

先生に聞いてみたら、ちょっと分からないって。

というのも、待合室で 他のワンコさんにギャワワンしても 倒れたりしないから。
いつもってわけじゃないんだよね。

でも カタプレキシーの疑いは強いって。

で、今度 検査することになったんです。
今 検査薬を取り寄せてもらってるところです。

その薬を投与すると、カタプレキシーなら すぐに発作を起こすそうです。
カタプレキシーじゃなければ 何事も起きないそうです。

もし発作を起こして カタプレキシーだと確定したら、治すためのお薬を飲むことになります。

抗うつ剤ですって。

「 分離不安とかを抑える薬と同じです 」

つまり、不要な不安感を抑えて、気持ちを穏やかにすると。

「 じゃあ そのお薬飲んだら、バカみたいによその犬に吠えたりしなくなる? 」

「 まあ そういう可能性はありますね 」

・・・ その薬がもらえるなら、カタプレキシーでもいいような気がする ・・・


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ やっぱりバカでもいいから元気なのがいいなあって思うから 押してね♪
スポンサーサイト


未分類 | 00:19:41 | コメント(8)
コメント
根本的な原因や、治療は確立されていないので投薬で、どうにかなるかは賭けです。
症状により、薬の種類も効果もバラバラでまだ世界的にみても、全然研究が進んでないそうです。
いずれにせよ、長期で服用は疑問が残ります。投薬するなら期間を決めたほうが良いでしょう。
効果あるか希望が薄くて、命にかかわらない(とされている)なら、肝臓に負担かけて飲み続けるのはちょっとね・・・といった感じ。
確か、上尾のフジタ動物病院が研究してました。
参考まで(>_<)
2016-06-27 月 03:33:40 | URL | 春香 [編集]
おはようございます♪

感情の変化に起因する症状(?)を薬剤で・・・
というスタンスは、患者さんをバカにしていることに
なるのではないだろうか?と感じています。

「穏やか」っていう表現は、言い換えれば「停滞」とも
言えるかと・・・
2016-06-27 月 06:36:44 | URL | きむら [編集]
おはようございます。 初めて投稿します。

我が家のビーグルチェロ君も同じような症状がたまに出ます。初めて出たのは1歳頃で、目の前を初めて見るゴキブリが横切った時です。その時は痙攣が起こり失禁してフラフラしてました。この時はおそらく癲癇と思い動物病院で見てもらったところ、頻繁に出ないようなら心配は無いという事で、安心しましたが2歳頃の春季節の変わり目で原因がわからず1週間に3回発作が起こり別の専門の動物病院、尼崎のあい動物病院で診察してもらい薬に頼らない治療で手作りご飯に変えたところ発作も落ち着きあまり出なくなりましたが、最近猫が窓の外を歩いた時にチェロ君急に反応して、アドレナリン?が急上昇した時などに平次君同じような発作を起こします。 今のところなるべく猫が近づかないよに気をつけてますが、なかなかうまくいきません。おそらく急に興奮した時だけみたいなのでしばらく様子見してますが、カタブレキシーというのは初めて聞きました。今後も参考にさせていただきたくよろしくお願いします。
2016-06-27 月 07:25:54 | URL | チェロ君のとうちゃん [編集]
平ちゃんも大変だったんですね!
でも少しずつ原因がわかってきた感じですか?
命に関わる病気じゃないから、治療をするかしないかとか選択肢があるかもしれないけど、のりじさんがお父ちゃんと主治医とよく話し合って、平ちゃんのことを思って出した結論が、平ちゃんにとって一番幸せな方法だと思います。
平ちゃんが、お利口じゃなくても(笑)元気で笑顔で暮らせますように‼︎もちろんひなちゃんもね‼︎
2016-06-27 月 12:06:09 | URL | くろのすけ母 [編集]
一度に重なっちゃって大変ですね
のりじさんも体調崩されないよう気を付けて下さいね

ひなたちゃんも平次君も即命に直結するような物ではないのが
せめてもの救いでしょうか・・・
そんなものどこにも無いのは判っていますが
どこかに魔法が使える人が居ないかな?って
思っちゃいますよね
2016-06-27 月 19:05:35 | URL | しま [編集]
平次ちゃんにも。。。ごめんなさい。
初めて聞いた病名です。
とりあえず、検査してはっきりと病名が
解ると今後どうするか決まりますね。

のりじさんも心配事で疲れてるでしょう。
時々でいいから、ゆっくりしてくださいね。
2016-06-27 月 21:37:38 | URL | ジュニキチ [編集]
いろんな病名があるなぁ・・って検索したら検索するほど先代犬はもしかしてこれだったのかも?って今更ながら思っています。
うちはね・・・散歩の最初によく倒れていました。
でもね・・当時何にも知らなかったしのんきだったんでしょうね。
30秒くらいじーっと待ってると起き上がって何事もなかったかのように歩いてたからこっちも平気になってたよ。「こういう子なんだろう」ってね。
うちは頻繁に起こらなかったから病院でも診てもらうこともしなかったという・・。
それ以外はすこぶる元気なワンコだったので12歳まで注射以外は病院のお世話にならずに犬生全うしました。
薬ねぇ・・・治す方向のお薬なんだけど、やっぱり長期っていうのは怖いですよね。
なんとか薬じゃない方向で改善されたらいいなぁと願っています。
2016-06-28 火 14:59:36 | URL | あやゴンmama [編集]
のりじです。
こちらもまとめてお返事を ・・・ と思ったら、ここに書くべきお返事を
前の記事のコメ欄に間違えて書いちゃった!

えっと、じゃあ ひなちゃんの腰の話をここで ^_^;

もうすっかりです ^^
あの時の痛がりようはなんだったのかってくらい絶好調です ^^
すみませんね、ご心配お掛けしちゃって ^_^;
2016-07-02 土 16:24:37 | URL | のりじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad