FC2ブログ
 
■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

最期の瞬間 ありったけの愛を (転)
今日も お越しくださって ありがとうございます。
たくさんの人に、 武吉 という ビーグルの男の子が この世に存在していた という事を 
知っていただけて、とても嬉しいです。
今日は 当時の私の心情を中心に 書いていこうと思う お母ちゃんこと のりじです。
こんにちは。

                   ★     ★


「 今回の入院は、最初の入院の時と違って 命が危ないとか そういうものでは
 ないので
 安心して下さい。 
 赤血球の数値も 退院した時より ずっといいです。
 溶血は 始まっていますが、すぐに処置できるので 良かったです 」


先生の言葉に、
ああ、この病気と付き合っていくって こういう事なんだ
と 思いました。

一生 投薬が続いて、定期的に 血液検査をして、溶血が確認されたら 即入院。
ずっと その繰り返し …。


なら、プラスに考えよう。 
武吉が入院している間に ゆっくり休んで 体力つけなきゃ!



武吉が退院して 家にいた2週間、私は ほとんど寝ていませんでした。

薬の副作用で 大量に水を飲んで、大量におしっこをしていたからです。

我が家は ワイドサイズのトイレシーツを使っているので、
通常なら おしっこ3回分くらいは 問題ありません。

でも この時は、武吉の1回のおしっこで ワイドサイズが タップタプ。
替える時に 下手に傾けると 吸収しきれない分が ザーっとこぼれる時もありました。


夜、2時間置きに トイレシーツを替えに 行きます。
うつらうつらして はっ、寝過ぎた! と 飛び起きても 自然にきっかり2時間。

さすがは私! と、ガッツポーズをしながら タプタプになった トイレシーツを替えていると
武吉が起きてきて、替えたばかりのシーツに たっぷりおしっこをしてくれます。

「 はい、オッケー! グッド・タイミングだったね~ 」

と すぐにまた 新しいシーツに替えて、寝室に戻ります。

そして また2時間後 …。


ある夜、トイレシーツを替えていると 武吉が 起きてきました。

「 あ、ちょっと待って、今 取り替えてるから! ちょっ! まっ!  …ああ … 」

我慢しきれなくて フローリングの床の上で 大量放出。
2m四方の おしっこの海。

「 もう …っ  しっかりしてよっ! 」

ああ … なんて ひどい事を …。

自分の言葉に 愕然としている私を おしっこの海から ボタボタと上がってきた武吉が
頭を下げて 悲しそうな目で 見つめています。

「 ごめんっ! ごめんね、武吉! 
 武吉だって 好きでこんな事してるんじゃないのにね。
 お母ちゃん なんかいい方法 考えるから、ね? 」



翌日から 私も彼らと一緒の 2階のリビングで 寝ることにしました。

熟睡はできませんが、ツメの音で すぐ起きて、シーツの交換ができます。

慌てて飛び起きることも イライラすることもなくなりましたが、
ふと 思います。

これ、いつまで続くんだろ …


仕事中、寝不足で フラフラします。
身体も 熱っぽい …、あんな所で寝てたから 風邪ひいたのかな …。


そろそろ 限界かも、と思い始めていた頃、武吉の薬の量が 半分になりました。
おしっこの量も 半分に。

私は 寝室に戻りましたが、結局また 2時間の生活 ・・・・・。



今度の入院は、きっとすぐ終わるだろうから、今のうちに いっぱい寝とこ!

前向きに そう思っていたのですが、事態は急変

再入院してから 恐ろしい勢いで 赤血球値が下がっていきます。


再入院 2日目、とうとう先生に
「 のりじさんが面会に来ると、武吉君 すごく元気になっちゃうんです。
 だから 帰った後、体力使い果たして 容態悪くなっちゃうんです。
 すみませんが しばらく来ないで下さい。 
 今は とにかく安静にさせたいので … 」

面会謝絶を 言い渡されました。


その翌日、病院から電話がありました。

「 血便をして 急激に 赤血球値が下がりました。
 最後になるかもしれないので 面会に来るように。

お父ちゃんに 会社を早退してもらって、最悪 連れて帰って来られるように
車で 病院に行きました。

血便は止まって、今は安定しているとのこと。

武吉は お父ちゃんとお母ちゃんが 揃って来てくれたのが嬉しくて もう大騒ぎ。

お父ちゃんは その様子を見て、先生の話が 大げさだと思ったようですが
私は もう面会には来られない と思いました。


武吉に会えない間、先生から 1日2回、検査の数値と 様子を知らせてくれる
電話がありました。

先生も ずっと武吉の急変に備えて 病院に泊り込みです。
本当にありがたいことです。


上に書いた日から 4日後の夕方、
今夜がヤマだと思う。 至急来て下さい 」 と電話がありました。

小雨が降っていたのですが、自転車に飛び乗り 急いで病院へ。

武吉は 無表情で迎えてくれました。

ケージの扉を開けて、カラーを剥ぎ取り、武吉を抱きしめようとしたのですが
武吉は私の腕からすり抜けて、私の膝に上ってきます。

膝の上にきても 座っているチカラがなくて ズルズルと 崩れ落ちていきます。

重くて 揺すり上げることも 押さえていてあげることもできません。

横に下ろして、腕を回していてあげようとするのですが
武吉は また膝の上に上ってきます。

下ろしても 下ろしても、何度も何度も、無表情のまま ただ 黙々と。

大好きだった お母ちゃんの膝の上。
ここに どっかり座っていれば  お母ちゃんは 動けなくて帰れない。

武吉の気持ちが分かるので もう涙が止まりません。


「 武吉君の数値は すでに危篤状態のものです。 今、こんなに動けるなんて信じられません。
 連れて帰りたいと言うのなら 止めることはできませんが、
 最後の手段の注射 ( 1本 10万円! ) も 打ちました。
 武吉君の体力と 奇跡を 僕は信じたい。

「 私もそう思います。 先生、このままお願いします。 」

帰り際 振り向くと 武吉は やっぱり無表情のまま こちらを見ています。


病院を出ると さっきまでの小雨が どしゃ降りになっていました。

ずぶ濡れになっても、自転車を しゃかりきに漕いでも、あの無表情な 武吉の顔が浮かびます。

身体の中で 何かが破裂しそうでした。
どうにかなっちゃいそうだったので 大声を上げました。 雨音が かき消してくれます。

弁天の 2度目の言葉 を聞いたのは、この日の夜のことでした。


そして その2日後。

仕事中に 病院から電話がきました。


「 呼吸困難で 意識がありません。 すぐに来て下さい。 」
                                        武吉 承
                                         1回目の入院時の武吉
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 続きは明日の「最期の瞬間 ありったけの愛を (結)」 で
スポンサーサイト


最期の瞬間 ありったけの愛を | 10:05:36 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
えーん(T-T)悲しいよー!
もう、全てが悲しいです(涙)
それはそれは、どんなに辛かったことか・・・
言葉になりません(T-T)
2009-01-12 月 17:49:41 | URL | しゃなママ [編集]
武吉くん お家に 帰りたかったでしょうね~   でも 病気が 病気だけに…     私も 今までに 猫と ウサギの 最後を 見送ったこと ありますが 病気では なかったので(老衰) 覚悟が できていて 悲しかったけど すぐに 立ち直ることできました。 でも 病気で 逝ってしまうのは あまりにも かなしいね…
2009-01-12 月 19:12:39 | URL | オバチャン [編集]
武吉君の最後の精いっばいの甘えなんですよね
そして 具合が悪くても元気にみせるなんてほんとうに武吉君
良い男です
そして あまりにも 辛すぎます

2009-01-13 火 07:45:28 | URL | ラんまま [編集]
> しゃなママ 様

結果が分かっていれば、終りが見えていれば、もっともっと いろんな事を
してやりたかったです。
後悔先に立たず ですね。

> オバチャン 様

どんな逝き方でも 子供を亡くすのは たまらないものです。
長いこと 介護して見送ってあげられたのですね。
大変でしたでしょう。 でも うらやましいです。

> ラんまま 様

『良い男』 ですか? うふっ ありがとうございます。
辛いと感じて下さるのは きっと ご自分の子供たちと 重ねてしまうからでしょうね。
愛してるんですね。
そりゃそうですね、ここは 親バカの集まりですもんね(笑)
2009-01-13 火 09:31:02 | URL | のりじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad