■プロフィール

のりじ

Author:のりじ
<家族構成>
お父ちゃん :堅実的なおうし座
お母ちゃん(のりじ) :夢見る魚座
ひなた:ビーグル2004年9月20日出生
平次:ビーグル2011年8月27日出生

故・コテツ:ビーグル(享年14歳3ヶ月)
1997年1月19日~2011年4月17日
故・武吉:ビーグル (享年5歳6ヶ月)
1999年4月9日~2004年10月14日
故・弁天:雑種猫 (享年13歳2ヶ月)
2001年4月~2014年6月11日

       ☆  ☆

ランキングに参加しています
あなたのポチが励みになります
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


トラコミュ参加中

にほんブログ村 トラコミュ デジイチ de ワンコブログへ
デジイチ de ワンコブログ

■カウントダウン

■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■最新記事
■最新コメント
■今 何人?
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■武吉の木 育成中♪

■クール ドッグ サイト

2009年 4月 6日

■紹介されました♪ その1

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   第24回 『 話題の飼い主さん登場 』

■紹介されました♪ その2

Wan 2012.9月号

『 女王様としもべ 』 の幸せなカンケイ

■紹介されました♪ その3

FRIDAY 2015.6月26日号

第69回 わんにゃんパラダイス・R

■紹介されました♪ その4

アイリスペットどっとコム アイリスペットどっとコム   ビーグル辞典・インタビュー

■モラタメ

■365カレンダー

■ショッピング

■歯を大切に キャンペーン

『パンチのデンタルケアなう。』

■楽しいブログライフを♪

■リンク

■福パパ画伯ミュージアム


 

■検索フォーム

■QRコード

QRコード

ひなた号 発進!
今日 10月15日は 平ちゃんの家族記念日!
まあ 今は そんなお祝い気分でもないので ・・・
そうだな、直近のお祝い事と一緒に。
11月の ひなちゃんの家族記念日と合同でってことで ^m^
クリスマスと一緒じゃないだけ ありがたいと思ってほしい 
お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。

とりあえず言葉だけ。
「 平ちゃん、ウチの子になってくれて ありがとう! 」


                    ☆     ☆


ひなちゃんが急に退院した 月曜日の夜の夫婦の会話。

「 あいつ抱っこして階段降りるの、すごく怖かった!
 俺 明日から仕事だぞ、のりじちゃん 出来んの? 」


「 『 出来んの?』 ったって やんなきゃしょーがないでしょうよ。
大体 コテツさんの時だって、あたしひとりで やってるし 」


でもなあ、
今回 ひなちゃんのこと抱っこして、改めて 重いって思ったんだよなあ。
あの時のコテツさんと 今のひなちゃん、体重 そんなに変わんないのに。

あ、変わったのは あたしか。
6年も前だもんな、それなりに老いてきてるんだな (-_-;)

抱っこするだけでも 重くてヒーヒー言っちゃうのに、
足元が見えない階段の下りとか ・・・

出来んのかな (-_-;)


で、慌てて ネットで探して、

キャリーバッグを買いました ^^

届いたのは 水曜日の午後。
夜には あたしひとりで ひなちゃんを病院に連れて行かなきゃいけなかったから
助かった!


ひな号 1

これでも このタイプでは1番大きいんだよ ^_^;
あんまり余裕があると、逆に体が安定しなくて危ないと思うよ?


ひな号 2

上が大きく開くから、出し入れも大丈夫そう ^^

これを肩に掛ければ、階段でも足元見えるからね。
両手も空くから、手すりも掴めるし、ドアの開け閉めも出来るし。

ただ、ひなちゃん11キロあるからさ、
それを肩に掛けて 病院までってわけにはいかないよね。

カートならあるんだけど。


ひな号 3

うん、コテツお爺ちゃんが手術した時に買ったヤツね。
ひなちゃんも 足を怪我した時に乗ってるね。

病院に運ぶのは これでもいいんだけど、
階段降りるのにバッグに入って、玄関でバッグから出して カートに乗せ換えてって、
ちょっと現実的じゃないよね。

なので、カートの茶色い入るところを取っちゃって、そこにバッグを。


ひな号 4

これなら バッグとカート、2WEYで使えるでしょう ^^

更に 100均で買ってきた これを付けて。


ひな号 5

自転車の補助ライト。

病院に連れて行くのは その日の患者さんが終わった後で 夜になっちゃうからね。


ひな号 6

これで夜道も安全 ^^



さて、それじゃあ 本番 いってみよう!

こんな感じで 階段を下りて、

ひな号 7


こんな感じで カートに乗せて、

ひな号 8

なんでだろ、小型犬さんが こうやってバッグに入ってるのは よく見るけど、
ひなちゃんが入ってると 荷物感が ^_^;

でも これのおかげで、


ひな号 9

バッグのファスナーを全部閉めれば タクシーにだって乗れるからね ^^
実際、雨が降った木曜日と金曜日は タクシー乗ったし ^^

これで心配事が1つ減りました ^^


さて、水曜日には ひなちゃん、
お皿から ごはんが食べられるようになりました~♪


ひな号 10

まだまだ ペーストごはんですけど (^^ゞ


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ いっぱい食べて早く元気になあれ って 押してね♪


未分類 | 00:23:02 | コメント(10)
6年ぶりの介護
ひなちゃんが日曜日に具合が悪くなって、ヤバいって言われて、
思ったよ、「 またこの時期かよ ・・・ 」
今日 10月14日は 2代目武吉の命日。
もしかして なんて思っちゃったけど、10月14日は武吉だけの命日のままで済みそうで
ホッとしている お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


さて、ひなちゃんが退院して一夜明け、

ひなちゃんは 相変わらず 辛そうで 飲まず食わず。


介護 1

冷蔵庫の中には ひなちゃんが食べなかった ラップのかかった小皿がぎっしり。
もちろんそれは 平次の朝ごはんになったわけだけど。


介護 2

この日は連休明けの火曜日。
お父ちゃんは お仕事。

あたしがしっかりせねば!

片づけたはずの小皿が また増えていく中、
自分の朝食に使った ヨーグルトが付いたスプーンを ひなちゃんの口元に持っていく。

ペロ。

舐めた!

小皿に ヨーグルトを盛って ひなちゃんに差し出すと、プイ。

あれ、なんで? もう飽きちゃった?

さっきみたいに スプーンであげると 舐める。

なにが違うのかな。
頭を下げるのが嫌なのかな。

それならばと さっき食べなかった小皿を スプーンであげてみた。
プイ。

結局 ヨーグルトしか食べなかった。


朝、病院に電話することになっていた。

退院する時、
「 朝 具合が悪かったら 連れて来て下さい。
 でも ひなちゃんのことは じっくり診たいんで、出来れば夜、最後の患者さんが帰った後に
 診たいです 」

って言われてた。


「 先生、やっぱり食べないし飲まない。
 今やっとヨーグルトをちょっと舐めたけど 」

「 うーん、じゃあやっぱり連れて来てもらった方がいいかなあ ・・・ 」

ひなちゃんが飲まなきゃいけないお薬の1つに、喉に留まると炎症を起こしちゃう薬があって、
家に帰れば食べられると思い込んでた退院時に、
「 食べ物でくるんだりして 必ず飲み込ませて下さい 」
って言われてて。

「 食べない飲まないじゃあ お薬もあげられないですもんねえ 」
「 普通に 手で喉奥に突っ込んで飲ませるのは 今のひなたにはダメなの? 」
「 いえ、大丈夫ですけど ・・・ 出来ますか? 」
「 出来ますよ (-"-) 」
「 でも完全に飲み込ませるのに、なにか食べたり飲んだりしないと。
 せめてお水200ccは飲ませたいところです。
 出来ますか? 」

「 やりますよ 」

連れて来て下さいって言われても困る。
この時の状態のひなっちを あたし1人で病院まで運ぶとか、出来れば避けたかったから。


なんとかしてみるってことで、病院に行くのは夜になった。

さて、それじゃあ なんとかしますかね!

平次、お母ちゃんは ペットショップにお買い物に行ってくるから、
ひなちゃんを頼むね!


介護 3


で、飲み物用と 流動食用のシリンジを買ってきた。


介護 4

大丈夫よ、お母ちゃんは介護経験者だからね ^^

それとね、ペットショップで いいもの見つけたんだ ^^

『 いなば ちゅ~る 』
猫用のは テレビCMで見てたけど、犬用のもあるんだね。


介護 5

しかもこれ、総合栄養食よ!
これならシリンジであげやすいね。

いや~、いい時代になったもんだ。

平ちゃん、味見してみる?


介護 6

本当? それは良かった!

シリンジのおかげで 無事 お薬とごはんを済ませて ・・・


お薬が効いてきたのかな、
午後には、


介護 7

「 グッグッグッ 」 の呼吸音が消えた!
静かで ちょっと怖いぐらい、何度も 息止まってないか確認しちゃった ^_^;

よーく寝てるのに可哀相だけど、2時間ごとに起こして お水とごはん。
少しずつ少しずつね。


穏やかな時間は過ぎていき、

夕方、お散歩の時間。

平次と散歩の準備をしていると、


介護 8

はあ!?
なにやってんの? 行く気なの!? 
そんなよろよろしてんのに、あなた 歩けないでしょうよ!


介護 9

ビックリしたなあ もう!
具合が悪くなった日曜日には これっぽっちも反応しなかったくせに。

なるべく早く帰るからね、ひなちゃんは安静にしててよ?


介護 10

介護 12

なんか、なんか、ひなちゃんも平次も、いろいろ想定外だなあ ^_^;


お散歩から帰ると、


介護 13

反応なし ^_^;

さて、ここからどうなるかな、
日曜日には 平次が お散歩後のお湯割り牛乳を飲んでても 反応しなかったけど ・・・


介護 14

やっぱり来ないか。

でも、


介護 15

飲みたそうだ ^_^;

ひなちゃんも牛乳飲む?


介護 16

シリンジでだけど ^_^;


介護 17

すごい回復力だな (-_-;)


夜、病院から 「 最後の患者さんの番になったので、そろそろ来て下さい 」 って電話が。
その時間には お父ちゃんも帰ってきてたので、車で病院へ。


先生に いろいろ報告。
食べたもの、飲んだもの、散歩に行きたがったこと ・・・

先生も ひなっちの顔を見て、
「 最初来た時と えらい違いですね~、あの時は もう本当にダメかと思ったのに。
 いや~、スッキリしちゃって ^m^ 」


「 ひなちゃんは 体質的には ものすごく弱いのに、生命力は ものすごく強いんですね。
 ハチの時とで もう3回も死にかけてるのに 」



介護 18

この日は まだ お皿からは食べられないし、飲めないし、
シリンジとスプーンのお世話にならないとダメだったけど、

あげれば食べる、あげれば飲む。

応えてくれるのが すごく嬉しかったよ ^^
なんでもしてあげるよ、お望み通り。

そんな 急激に回復し始めた 火曜日。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ 御意 って 押してね♪


未分類 | 00:17:38 | コメント(14)
無理じゃ~ん!
もう1度言いますよ?
「 ひなちゃんは ちゃんと回復してきています 」
なので 安心して読んで下さいね ^^
リアルタイムっぽく書いてるから ドキドキしちゃうのかもしれないけど、
リアルタイムで これを経験したあたしの 先の分からないドキドキを
少しでも感じて頂けたらと思う お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


さて、日曜日の夕方に 誤嚥性肺炎で緊急入院した ひなちゃん。

翌、月曜日の夕方の再検査の後、先生から電話がありました。


「 今日 退院しましょう、迎えに来て下さい 」
「 え、今日? そんなに結果良かったんだ! 」
「 いえ、悪くなってます、ものすごく 」

検査の結果が悪いのに退院しろって どういうこと?

とにかく お父ちゃんと一緒に 病院に向かいます。


「 本当に今日退院しちゃっていいの? 大丈夫なの? 結果が悪いって どういう・・・ 」

「 血液検査の炎症の数値、昨日の1回目の時にも高めだったんですが、
今日は桁違いに跳ね上がってます 」


「 じゃあ退院なんて無理じゃん (-_-;) 」


「 肺のレントゲンですが、これが昨日の。 こっちが今日の 」

昨日の肺は 全体的に薄く霧がかかってるみたいに ぼんやり白かったのが、
今日の肺は 白くベタ塗りしたみたいな真っ白さ。

「 やっぱ無理じゃ~ん! (-"-) 」


「 それから ひなちゃん、血を吐きます 」

「 絶対無理じゃあ~ん! >< 」

「 でも ここにいても 薬飲ませて 点滴するだけなんですよ。
 薬だったら家でも飲めるし、点滴なら通えばいいんですから 」


そりゃそうかもしれないけど ・・・ (-_-;)

「 それに ひなちゃん、食べないんですよ。 お水も飲まない。
 お母さんが帰ってから、持ってきてくれたお弁当も 一切食べないんです。
 おうちでだったら食べると思うんですよ。
 肺炎は 食べて免疫力高めないと治らないですから 」


そりゃそうかもしれないけど ・・・ (-_-;)


先生が あたしが置いて行ったお弁当のタッパーを持ってきてくれた。

確かに 「 これは? これなら食べられる? 」 って出し入れした形跡はあるけど、
数は全然減ってない。

「 ひなちゃん、お芋さん食べる? 」
プイ。

「 先生、あたしからでも食べないよ (-_-;) 」

「 でも今、タッパーに顔近づけましたよね? それすらなかったですから。
きっともう乾いちゃって 匂いが弱いんでしょう、お家でだったら食べますよ、きっと 」


まあ それはそうかもしれない。

それに、ひなちゃんの入ってたケージ。
ふわんふわんが大好きなひなちゃんが あんな硬いところに入れられて ・・・

そうだな、家に帰れば ふわんふわんで寝られるもんな。
やっぱり家がいいよね。


そんなわけで 退院してきた ひなちゃん。


平次は嬉しくて、すぐに ひなちゃんの元にすっ飛んできた。

でも、

匂いを嗅いだら 離れて行った。
近づこうとしない。
避けてる感じ。

多頭飼いをしていると、こういう時の もう片方の行動が いろんな目安になる。

やっぱり ひなちゃん、相当悪いんだな。


退院 1

ひなちゃんは ただただ寝てて、

でも 呼吸がひどくうるさくて、

「 グッグッグッグッ 」

具合が悪くなった日曜日、
あたしが 変だなって思った この音は、肺炎の呼吸音だったんだな (-_-;)


家に帰っても やっぱり何も食べない、飲まない。

大好きなミカンでさえも 顔を背けた。


そのうち よろよろと立ち上がり、犬部屋へ。

うんうん、犬部屋の中は落ち着くもんね。
ゆっくり休むといいよ。


退院 2

ん? どうした?
あ、もしかして この高さ 上がれない?


退院 3

立ってるのも辛いのか (-_-;)


退院 4

うん、好きなところで。
向こうには しまホイもあるからね。


退院 5

平次も心配そう。
でも 「姉ちゃん どうしたのー? お部屋入んないのー? 」 なんてKYなことは言わない。


退院 6

ああ、また力尽きた ・・・


ようやく しまホイにたどり着いて 寝始めた ひなちゃん。


退院 7

離れたところからでも聞こえる 大きな呼吸音。

お父ちゃんと 何度も寝顔を覗き込む。

大丈夫?
大丈夫?

もしかしたら このまま死んじゃうんじゃないだろうか。

目を開けてる時の顔は 写真撮ってない。
残したくない顔だったから。

正直、

死相が見えた。

ダメかもしれない。

だったら、

退院させて良かった。


退院 8

そんな また眠れない夜だった 月曜日。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ この時は「大丈夫だよ」なんて言えなかったから 押してね♪


未分類 | 00:24:03 | コメント(9)
ひな弁当
昨日は たくさんの応援コメントをありがとうございました!
元気玉も たーっくさん!
でもでも、安心して。
ひなちゃんは大丈夫だから。 ちゃんと回復してるから。
今回のことでは死なないよ、絶対的な飼い主の勘で分かるんだよ ^^

だけど、昨日の記事では書き忘れちゃったんだけど、病院に連れて行った時、
ひなちゃん、体温が41度あったの。
犬の平熱って 38.5度前後っていうじゃない?
40度超えたら危険、41度過ぎたら 脱水起こして命に係わるらしいんだよね。
本当にヤバかったんだなあと 改めて思う お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


日曜日に 急に具合が悪くなって 入院することになった ひなちゃん。

その日の夜、平次は、ひなちゃんを病院に連れて行く時に担架代わりに使った
しまホイで寝てました。


月曜日 1

いつもなら 必ず犬部屋で寝るのに ・・・
平次なりに 異常を感じ取ってたんだろうね (p_-)

そんな 誰もが寝付けない夜が明け、

翌、祝日だった月曜日の朝。

昨日 約束した通り、病院から電話がかかってきました。

「 ひなちゃん、昨日よりはだいぶいいですよ。
 でも 何も食べないんです。
 何か ひなちゃんの好きなものを持って お見舞いに来て下さい 」



慌てて作った ひな弁当。

月曜日 2

みかんはね、さすがに消化悪いから無理だろうと思ったんだけどね、
ひなちゃん、世の中の食べ物の中で みかんが1番好きなの。

もし最後の晩餐になるんなら、体に悪くても好きなものをって思ってね ^_^;

他のも ひなちゃんの好きなものばっかりだよ ^^


月曜日 3

うん、きっとね!
だから平次、おりこうさんにお留守番しててね ^^



「 僕の見立てでは 誤嚥性肺炎だと思います 」

肺炎?
首や腰の痛みでもなく、
消化不良でもなく、
除草剤中毒でもなく?

昨日のブログ記事の話は全部 時系列で先生に話してあります。

それらの症状を1つの病気にまとめるのは無理があるらしく、

「 僕の推測ですけど 」

朝のお散歩に行った時、ひなちゃんにアレルギーのあるもの、もしくは毒そのものを
摂取した。
あるいは ただの草の食べ過ぎ。
悪いものが体に入ったので、出そうとして吐いた。
それが気管に入り、誤嚥性肺炎に。

ああ、つじつまが合う ・・・ (-_-;)

誤嚥性肺炎かあ、
これまた命に係わる病気じゃんか ・・・


病名がハッキリしたところで、ひなちゃんに面会。


月曜日 4

ごめんごめん、先生と大事な話をしてたから ^_^;

って、あれ?
ひなちゃん、ササミもらったのに食べないの?
食べないんなら お母ちゃんが ・・・


月曜日 5

月曜日 6

「 食べるんじゃ~ん (-_-;) 」 と 先生。

さっきまで 見向きもしなかったのに って。


月曜日 7

お弁当ね? もちろんだよ ^^

「 先生、お芋とかあげてみてもいい? 」
「 どうぞどうぞ、食べるんならなんでも 」

ひなちゃん、お芋さんだよ~ ^^


月曜日 8

「 先生、お芋 食べた! 」
「 おお~! 」 先生、スタッフ一同 拍手。

ひなちゃん、リンゴさんは?


月曜日 9

ペッ。

あ、出した。

「 先生、リンゴは食べなかった 」
「 食べられるものと食べられないものがあるみたいですね。
 いいです、ササミも全部食べたし。
 あ、そのタッパー、置いてってもらっていいですか? 
 吐かないように 少しずつあげたいんで 」



今後のことは 午後 もう1度検査をして、その結果を見てから決めましょうということに。

あたしも 一緒に行った お父ちゃんも、とにかく 食べてるひなちゃんを見て すごくホッとして、
その日の午後は 夜寝られなかった分 お昼寝なんかしちゃってて。

そして 夕方。
病院から電話。

「 今日 退院しましょう、迎えに来て下さい 」
「 え、今日? そんなに結果良かったんだ! 」
「 いえ、悪くなってます、ものすごく 」

・・・・・ はあ!?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ そんなバカな! って 押してね♪


未分類 | 00:33:33 | コメント(14)
帰ってきたと思ったら
先週木曜日に 犬ドックで半日 家にいなかった ひなちゃん。
金曜日、土曜日は家で平和に過ごしていたんですが、日曜日、それは起こりました。
今更ながらに3連休のお話ですが、現在進行中な話なので そのつもりで
読んで頂きたい お母ちゃんこと のりじです。 こんにちは。


                    ☆     ☆


日曜日、ひなちゃん 緊急入院しました。

何もかもが急なことだったんです。

異変は 日曜日のお昼頃でした。

おやつを貰いに来る時、動きが変だったんです。

最初 キッチンで お父ちゃんにおやつを貰ってたんです。

「 もうおしまい、あっちに行ってなさい 」

リビングに戻ってきた ひなちゃん。

じゃあ お母ちゃんがあげるよ と、お父ちゃんと入れ違いにキッチンに立った あたし。

平次は来たけど、ひなちゃんはリビングの座布団の上から動かない。

「 ひなちゃん? おやついらないの? 来い 」

来たんですが 歩き方が変。
1歩1歩 踏みしめるようだし、途中で考え込むように止まるし。

ありゃ、首か腰、痛くなっちゃったのかな?

時間をかけてキッチンにたどり着いた ひなちゃん、
ビスケを貰って リビングに戻ろうと ・・・


日曜日 1

え、なんでそこ?
そこはくつろぐ場所じゃないでしょ?
痛くて歩けなくなっちゃった?


日曜日 2

って言ってるけど、体はブルブル震えてる。

そんなに痛いのか ・・・

とりあえず 小豆カイロで 首と腰をあっためると、
しばらくして歩きだして、いつもの場所に。


日曜日 3

だけど やっぱりなんか変。
震えちゃうほど痛いのは分かるけど、
なんだろう、息遣いが いつもと違う。
「 グッグッグッグッ 」 って、こんな音 聞いたことがない。
いびきとも違う、鼻を鳴らしてるのとも違う。

違和感を感じながらも、寝てるから まあいいかと思って 数時間。

むくっと起き上がったひなちゃん、吐いちゃった。


日曜日 4

うーん、お母ちゃんも頭が痛い時とか 「 吐き気がするほど痛い 」 ってことはあるけど ・・・

ひなちゃんが 首や腰が痛くて吐くなんて 初めてだねえ (-_-;)

吐いた物を始末してくれた お父ちゃんが、
「 朝メシ、消化してないぞ。 痛いんじゃなくって消化不良で気持ち悪いんじゃねえ? 」


その後も 何度か吐いて 犬部屋に籠っちゃった ひなちゃん。

心配だけど 今日は日曜日。
病院は午後はお休み。


夕方、平次だけ 散歩に行くことに。

ひなちゃんは 反応せず寝てる。

ひなちゃんは 自分が不調でお散歩に行けないって分かってる時、
ひとりで散歩に行こうとしてる平次に、
「 あたしが行けないのに なにお前 行こうとしてんだよ! 」 って怒る。

でも この日は何の反応もしない。

おかしい。

平次が散歩から帰ってきて、お決まりの牛乳のお湯割りを飲んでる時も、


日曜日 6

これは 絶対におかしい!

あたしの持論。
「 ビーグルが 食べなくなったら ヤバい時 」

これ、ヤバいんじゃない?

ひなちゃんが犬部屋から出てきた。

あ、やっぱり牛乳飲みたいのかな?

と、 「 ゲエエエ! 」  吐いた。

なんか黒い塊を吐いた。

「 なにそれ、うんこ? 」
「 いや、草だね 」

草? そんな塊の?

草 ・・・、あ、もしかして除草剤!?
これって 除草剤中毒!?

朝、お父ちゃんが ふたりを散歩に連れてってくれた。

「 その時 草食べた? 」
「 分からない、見てない 」

もしも食べたとして、それなら これはマジでヤバいかもしれない。

この時 夕方の6時半。

もう躊躇していられない。

病院の先生の緊急連絡先に電話。

「 すぐに連れて来て下さい、僕もすぐ病院に向かいます 」


レントゲンと血液検査。

3日前の犬ドックの時にやったばかりの検査。

その3日前のレントゲンと 今回のレントゲンを並べて見せてくれた。

肺が真っ白になってる。

「 この肺を見て考えられるのは、肺癌、免疫疾患、感染症です。
 でも3日前の肺がこんなにきれいなので、肺癌はまずないです 」

ああ、犬ドックやってて良かった ・・・

「 これから消去法で 原因を探っていきます。
 非常に良くない状態です。
 月曜の朝まで様子見てたら まずダメでしたよ、今日 連れて来て正解 」

そしてそのまま ひなちゃんは入院となりました。

これが日曜日の出来事。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
 ↑ ちゃんと生きてるんで 安心して 押してね♪

とは言うものの、今現在 まだ危険を脱したとは言えない状態ですので、
先生が 「 もう大丈夫 」 って言ってくれるまで コメントへのレスはお休みさせて下さい。


未分類 | 00:21:44 | コメント(28)
前のページ 次のページ

FC2Ad